2017/01/120 Shares

【ブログ初心者】Instant WordPressでローカル環境を作ってみた

Wordpress管理画面を起動する

こんにちは。

Instant WordPressというソフトを使って、WordPressのローカル環境を構築しました。

簡単な手順ですが、備忘録として残しておきます。

前提や情報

・インストール先PC: Winsows10
・プログラムのパージョン: 4.5
・WordPressのバージョン:4.7
・ダウンロードサイト:Instant WordPress公式サイト

Instant WordPress導入手順

Instsnt WordPressの導入は、以下の4ステップの非常にシンプルな手順でした。

・ダウンロード
・インストール
・プログラムの起動
・WordPressの更新

Instant WordPressをダウンロードする

Instant WordPress公式サイトからプログラムをダウンロードします。

Instant WordPressのダウンロード画面

「Download now」をクリック。

Instant WordPressのダウンロード画面でバージョンを選択

バージョン選択画面になるので、最新版の4.5を選択すると、ダウンロードが始まります。

Instant WordPressのダウンロードファイル

「InstantWP_4.5.exe」というファイルがダウンロードされました。ファイルサイズは、74MB。

Instant WordPressをインストールする

「InstantWP_4.5.exe」を実行すると、以下のインストール画面が表示されます。

Instant WordPressのインストール画面

「Destination Folder」の欄にインストール先フォルダを指定して、「Install」ボタンをクリックすると、Instant WordPressのインストールが始まります。

今回は、マイドキュメントの下にInstantWordPressというフォルダを作成して、インストールしました。

Instant WordPressインストール後のファイル

すると、「InstantWP_4.5」というフォルダが作成され、その中にプログラムが配置されました。

プログラムのインストールは、これで完了です。

Instant WordPressを起動する

では、Instant WordPressを起動してみます。

Instant WordPressの実行ファイルをクリック

InstantWP_4.5フォルダの中の「InstantWP.exe」を実行すると、以下の画面が表示されます。

Wordpress管理画面を起動する

まずは、Wordpress管理画面を起動してみます。「WordPress Admin」というボタンをクリック。

WordPressにログインする

ログイン画面になるので、以下の設定でログイン。

Username: admin

Password: password

Language: 日本語

WordPress管理画面

Wordpess管理画面が表示されました。

WordPressを最新版に更新する

導入されたWordPressのバージョンが4.5なので、最新版の4.7に更新しました。

WordPress管理画面から更新

更新中の画面

WordPress4.7に更新完了

この後、プラグイン等も更新しました。

まとめ

ローカル環境を作るソフトは、Instant WordPress以外にもBitnamiなどあります。

今回は始めてのローカル環境構築なので、一番簡単そうなInstant WordPressを使ってみました。