2017/05/030 Shares

iPhone7に変えるのは止めた! iPhone5sのまま格安SIMでコスト削減する方が優先と思った件

iPhoneを持つ女性

私は、auのiPhone5sを3年近く使っています。

最近、まわりにiPhone7を使う人が増えたので私も欲しくなり、いろいろ調べてみました。

  1. auでiPhne7への機種変
  2. SIMフリーのiPhone7を買って格安SIMに乗り換える
  3. iPhone5sのまま格安SIMに乗り換える

上の3つを検討した結果、iPhone7を買うのはまだ早いと思い、iPhone5sのままで格安SIMに乗り換えることにしました

この記事では、上記3つの案の見積もりを紹介し、どうしてiPhone5sのままにしたかを紹介します。

auでiPhone7に機種変する案の見積もり

1月上旬、まず最初にauの機種変の見積もりをしました。

・auショップでiPhone7への機種変の見積り
・auショップでiPhone6への機種変の見積り(念のため)
・auオンラインショップでiPhone7への機種変の見積り(念のため)

この3つの見積もりについて説明します。

iPhone7s plusの見積もり

まず最初に、auショップに行って、iPhone7への機種変を見積もってもらいました。

画像が小さくて見にくいですが、auで見積もった結果がこれ↓です。
auのiPhone7見積もり

端末料金、au利用料、合計というセクションになってします。

■端末料金

端末は、とりあえず一番高いiPhone7s plusの256GBで見積もってもらいました。

販売価格 116,640円
ポイント値引き ▲11,880円
————————–
小計 105,840円

毎月割 ▲58,680円

差引 46,080円 ← 実質負担金

iPhone7の端末料金は、定価116,640円からiPhone5sの下取り等のポイント値引き11,880円を引き、105,840円。

そこから、auを2年使うことで毎月割として月々2,445円が差し引かれるので、24ヶ月分の58,680円を差し引いて、実質負担額は46,080円となります。

■毎月の利用料

私は、あまり電話を使わず、データ容量も3GBを超えることはありませんので、利用プランは、スーパーカケホ+データ定額3で見積もりました。

また、iPhoneの保障であるappleCare+が付与され、そこからスマートバリューの1,008円が差し引かれています。

利用料には明細がないので内訳はわかりませんが、結果、月々の利用料金は6,737円

2年分の利用料金は、その24倍で161,688円になります。

■2年でいくらかかるの?

端末と利用料を合わて、2年縛りの24カ月間でかかる費用は次のようになります。

区分 2年総額 月々換算
端末実質負担金 46,080円 1,965円
利用料 161,688円 6,737円
合計 207,768円 8,702円

auだと、回線利用料を含めると、2年間の総額で20万を超える高額な買い物となってしまいます。

高い!

iPhone6s plusも見積もってもらった

iPhone7が思った以上に高いので、iPhone6でも見積もってもらいました。

auのiPhone6sの見積もり

区分 2年総額 月々換算
端末実質負担金 33,000円 1,420円
利用料 161,688円 6,737円
合計 194,688円 8,157円

明細の詳細な説明は省きます。

端末代が、iPhone7のときは46,080円、iPhone6だと33,000円。 約1万3千円の差。

回線利用料金が大きいので、結局、iPhone6sでも2年で20万円近くの出費

最新機でもないのに、これは高い。

auオンラインショップでも見積もり

念のため、auのオンラインショップでも、見積もってみました。

iPhone | au Online Shop

上記サイトでiPhone7 plus 256GBを選択。

端末代金の見積もりが表示されます。

販売価格 116,640円。auショップと同じですね。あたまりまえか。

オンラインショップの上記見積もりは、iPhone5の下取りが含まれていません。

下取り価格は、auのiPhone下取りプログラムのページで確認できます。

auのiPhone5s下取り価格表

64GBのモデルだと、下取り金額15,120円。 なんか、auショップより高い。

そして、毎月割が▲58,680円。これはauショップと同額。

販売価格 116,640円
下取り ▲15,120円
————————–
小計 101,520円

毎月割 ▲58,680円

差引 42,840円 ← 実質負担金

2年分にすると以下の表になります。

区分 2年総額 月々換算
端末実質負担金 42,840円 1,785円
利用料 161,688円 6,737円
合計 204,528円 8,158円

下取り価格は、実際に査定してみないと正確にはわかりませんが、auショップよりはauオンラインショップの方がトータルで安そうです。

あと、auショップの人の説明だと、

・テザリングは無料。
・180日後にSIMフリーの手続きが可能になる。

とのことでした。

とは言え、オンラインショップでも2年で20万の出費。 これは高いですね。

SIMフリーのiPhone7で格安SIMに乗り換える案の見積もり

SIMカード

auでの機種変更が高いのは、回線利用料が高いからだと思い、格安SIMにしたらどうかと考えました。

格安SIMを使うには、SIMフリーのiPhoneが必要になります。

で、SIMフリーのiPhoneの価格を調べに近くの家電量販店にいったのですが、置いていませんでした。家電量販店の人に聞いたら、SIMフリーのiPhoneはAppleストアで買う必要があるようです。

AppleストアでSIMフリーのiPhone7 plusの価格を調べる

ということで、AppleストアのページでSIMフリーのiPhone7 plusの価格を調べてみました。

appleストアのiPhone7plus見積もり

本体107,800円。 24回払いだと、月々4,800円。

auショップだと販売価格116,640円だったので、8,840円も安い。

さらに、Appleストアでも下取りキャンペーンをしていました。

appleストアのiPhone下取りキャンペーン

今使っているiPhoneを下取りにだすと、最大33,000円が割り引きになるようです。

iPhone5sのおおよその下取り価格も掲載されてます。
appleのiPhone5s下取り価格

iPhone5sの下取りは、最大7,000円

以上のことから、Appleストアで買う場合の端末代金は以下のようになります。

販売価格 107,800円
下取りCP ▲33,000円
下取り ▲7,120円
————————–
小計 67,680円

iPhone買取業者のサイトで買取価格を調べる

念のため、中古iPhone買取業者のサイトでも買取価格を調べてみました。

■ゲオの買取

iphoneの買取ならゲオのSmarket(スマーケット)
ゲオのスマートフォン買取サイト「Smarket(スマーケット)」

ゲームからスマホまで幅広く買取をしているゲオでまず、調べてみた結果です。

ゲオのiPhone5s買取価格

中古買取で¥13,000、最低買取価格でも¥8,200ですね。 Appleストアの下取りより高い。

■iPhone55の買取
「iPhone買取専門店だから出来る」驚異の買取価格10秒以内の簡単買取査定。

iPhoneに特化して買取しているiPhone55でも確認。

iPhone5s査定結果

こちらでは。6,300円でした。 

appleの下取りが最大7,000円でだいたい同じくらいなので、appleの下取りはリーズナブルと思いました。。

中古のiPhone7はいくらいくらいするのか

ちなみに、iPhone7Plusを中古で買った場合の価格も調べてみました。

ソフマップの中古iPhone7の販売価格

ソフマップだと、9万円から10万円くらいですね。

この価格だと、Appleストアで正規品を買ってもあまり変わりませんね。

格安SIMの料金を調べてみる

格安SIMの選択肢は多いです。 「格安SIM iPhone 比較」とかで検索すれば、星の数ほど記事がでてきます。

あれもこれも調べてもしょうがないので、有名どころをしらべました。

■UQモバイル

iPhone用格安SIMなら【UQモバイル】



データ使用量が3GBで通話付きだと、データ高速+音声通話プランになります。
UQ mobileの料金プラン

月々1,680円。

2年(24カ月)使ったとしても、40,320円です。  安い!

ただ、UQモバイルの動作確認端末のリストには、まだiPhone7はのっていません。

(ネットには、テザリングはできないけど使えた、といった記事を見かけますが、UQモバイルのサポートにちゃんと確認した上で決めた方がよいでしょう。)

■マイネオ(Mineo)

マイネオはDプラン(ドコモ回線使用)とAプラン(au回線使用)があります。 Dプランの動作確認端末リストには、iPhone7がちゃんとのっています。

以下はマイネオのDプランの料金プランです。
mineoの料金プラン

基本データ容量3GBで通話ができるデュアルプランだと月々1,600円。 

2年分だと、38,400円ですね。

mineo Dプラン デュアルタイプ 3GB



SIMフリーのiPhone7+格安SIMの費用

結局、SIMフリーのiPhone7と格安SIMでいくらになるのか。 回線はマイネオで計算してみました。

区分 2年総額 月々換算
端末実質負担金 67,680円 2,820円
利用料 38,400円 1,600円
合計 106,080円 4,420円

auの機種変だと、2年で20万かかっていましたが、SIMフリー+格安SIMだと10万まで下がりました。

10万かあ、どうしようかな。

iPhone5sのままUQモバイルに乗換える見積もり

※本題と関係ないですが、深田恭子さんって美人ですよね! 私がUQモバイルが好きな理由のひとつです。

格安SIMをいろいろ調べていると、UQモバイルの場合だと、au iPhoneをそのままUQに変更できることが分かりまいた。

iPhone5sのまま格安SIMのUQモバイルにすると、端末代は不要で、通信料金だけ下げれます。

区分 2年総額 月々換算
端末実質負担金 0円 0円
利用料 40,320円 1,680円
合計 40,320円 1,680円

見積もりの整理(3つの案の比較表)

ここまでの見積もりを整理すると、次の表になります。

2年分の費用の比較です。

区分 auでiPhone7に機種変 SIMフリーiPhone7+格安SIM iPhone5Sのまま格安SIM
端末代金 46,080円 67,680円 0円
利用料 161,688円 38,400円 40,320円
合計 207,768円 106,080円 40,320円

簡単にいうと、2年間総額で、

・auの機種変だと20万、
・SIMフリーiPhone7+格安SIMだと10万、
・iPhone5sのまま格安SIMだと4万、

ですね。

まず、auでiPhone7に機種変する案は、高過ぎてボツです。

残る2案の比較でですが、回線利用料はほぼ同じなので、端末代の差額6万をどうとらえるかということになります。

つまり、iPhone5sをiPhone7Plusにするのに6万円払う価値があるかどうか、ということ。

結局、iPhone5sのままUQモバイルに乗換えることにしたよ

iPhone5ユーザーにとって、iPhone7は6万円の価値があるか?

お札

・iPhone5sをiPhone7Plusにして良くなることって何だろう?
・自分は、iPhone7の何を必要としているのだろう?
・それが6万円の価値があるのだろうか?

こういことをつらつらと考えました。

おサイフケータイ(apple pay)は興味はあります。今はpasmoでチャリーンとしていることが、iPhone7でチャリーンとできるようになります。

でも、嫁さんに、「それって6万円の価値があるの?」と聞かれて、ハッと目が覚めました。

また、iPhone7にすると、カメラの性能がよくなって、スピーカーがステレオになりますが、それにも6万円払うのは勿体ない。

逆にiPhone7はイヤホンジャックがなくなって、変換をかまさないと今までつかっているイヤホンが使えないというデメリットもあります。

CPUやメモリなどの基本性能はだいぶ向上していると思いますが、iPhone5sでも問題なく使えているので、その高性能は必須ではありません。

そう考えると、iPhone7に6万円以上を払う魅力を感じなくなりました。 物欲として、欲しいの欲しいのですが、コストパフォーマンスがあわないということですね

iPhone8が期待できそうという噂

一方で、次のバージョンとなるiPhone8は、iPhone発売10周年なのでAppleもかなり力をいれているとの噂もあります。

ワイヤレス充電とか、バッテリー強化とか、指紋認証のかわりの虹彩認証とか、魅力的な噂ばかりです。

そんなことからも、iPhone7に対する熱が冷めてきました。

今すぐ解決する課題は、auの利用料金だということに気付く

なんとなくiPhone7が欲しいというところからスタートして、格安SIMという価格破壊者の存在を知り、結果、au(というかキャリア)の利用料金がとんでもなく高いということに気付きました。

今すぐ解決すべき課題は、iPhone7を買うかiPhone8を買うかではなく、この高いauの利用料金なんですね。

結局、iPhone5sのままUQモバイルに乗換えをしました

ということで、結果、私は、iPhon5sのまま格安SIMのUQモバイルに変更する案にしました。

1ヶ月以上、iPhone5s+UQ mobileで利用していますが、不満はありません。

auでは毎月7,000円近くかかっていた利用料が、UQにすることで1,680円になりました。毎月5,000円以上の費用削減です。

詳細は以下の記事を参照して下さい。

【au iphone5s】UQ mobileへの乗り換え(MNP)が、うまい、早い、安いの3拍子揃いだった件

まとめ

今回、iPhone7が欲しいと思っていろいろ検討したら、iPhone5sには問題を感じていなくて、auの回線利用料が高いことに問題を感じている、ということが明確になりました。

そして、ちゃちゃっとUQ Mobileに乗り換えました。

iPhoneが発売されて10年。

端末の性能も、回線スピードも、普通に使うには十分な時代になってきました。

携帯電話番号ポータビリティ(MNP)の制度もでき、比較的簡単に回線を乗り換えることができるようになりました。

今後ユーザーは、端末は端末、回線は回線、と区別をして、それぞれ自分が何を求めているのかを意識していくことが大事だな、と思いました。

ということで、iPhone8が出るまで、iPhone5sを使い続けようと思います。

■auからUQ mobileに乗り換えるかどうか迷っている人はこちら
au iPhone5sのままUQ mobileに乗り換えるときの6つのチェックポイント

■UQ Mobileがつながるかどうか気になる方はこちら
格安SIMを15日間無料お試し!Try UQ mobileレンタルにtryしてわかったこと

■いますぐUQ Mobileに乗り換えたくなった方はこちら
UQ mobileへの乗り換え(MNP)が、うまい、早い、安いの3拍子揃いだった件

それでは。